クリックで分類群を選択

2019年1月28日月曜日

クロヒメヤスデ Karteroiulus niger Attems, 1909

My図鑑/ 節足動物門 Phylum Arthropoda/ 多足亜門 Subphylum Myriapoda/






2018年10月20日 東京都西多摩郡奥多摩町

 体長 50~60 mmほどにもなり、ヒメヤスデ類としては非常に大きい種類です。クロヒメヤスデ科 Family Parajulidae Bollman, 1893 の多くの属・種は北アメリカと中央アメリカに分布していて、日本からは本種のみが知られています。夜間倒木上に這い出て菌類を食べる様子を見かけます。防御液の量が非常に多く、うっかり触るとヤスデの体中が茶色に染まる(最後の画像)ので、撮影には苦労しました。

 模式産地は馬返(山梨県富士吉田市上吉田)。国内では本州、四国、九州に広く分布し、国外では中国に分布しています。


参考文献

  1. Attems, C. (1909) Die Myriopoden der Vega-Expedition. Arkiv för Zoologi, 5(3): 1-84. Uppsala, Stockholm. https://www.biodiversitylibrary.org/page/6392668#page/33/mode/1up
  2. 西川 喜朗・村上 好央 (1994) 日本産倍脚類の分布記録(IV). 追手門学院大学文学部紀要, 30, 179-197.

5 件のコメント:

  1. それ程大きくないとはいえ、エキゾチックペットショップで売られてるような、熱帯チックな中型の筒型ヤスデが日本に、それも沖縄とか離島とかじゃなく、この本州にも生息しているとは知りませんでした。山奥でないと会えないと思いますが、一度現物が歩いている姿をこの目で見てみたいものです。

    返信削除
  2. 返信遅れてすみません!このブログへの初めてのコメントでうれしく思っています。このクロヒメヤスデはそれほど珍しい種類ではないのでちょっとした森があれば十分出会えると思いますよ!昼間は地面に潜ってしまうので夜の方が遭遇します。菌類食?らしく飼育可能かどうかはわかりませんがぜひ挑戦してみてください。そして結果を教えていただけるとありがたいです。

    返信削除
  3. お返事ありがとうございます
    教えていただきたいのですがこのヤスデ、日本全国にどこにでもいる普通種のフジヤスデとよく似てるんですよね・・・
    ただ、フジヤスデはクロヒメヤスデに比べて小型(大きくても4cmくらい)です
    一方、成虫のクロヒメヤスデは5cmはあり、大きくなるものだと10cm弱にもなると聞きます
    ヤエヤママルヤスデ程ではないにしろ、中々でかいです
    そして国産ヤスデとしてはマイナーなのか、中々具体的な情報がありません
    活動時期が分かりません、フジヤスデは冬場にしか発生しませんが、本種はどうなのでしょうか?他大多数の虫と同じように暑い季節にしか見られないのか、それとも探せば一年中見つかるのか、どうなんでしょうか?もし教えていただけるのなら是非お願いいたします。

    返信削除
  4. 10 cm近いクロヒメヤスデはちょっと見たことがないです。おっしゃるように5 cmくらいのものが多いです。本種は今のところ春・夏・秋は確認しています。冬も探せばいるかもしれません。

    フジヤスデ属の活動期もけして冬だけだというわけではなく、先日も成体を見かけています。種類によるのかもしれませんが、フジヤスデの同定は難しいです。地理的変異がわからないので、どの種ともつかないものが採れます。

    返信削除
  5. 西川・村上 (1994) には4月~10月に成体が採集されている記録があります。

    西川 喜朗・村上 好央 (1994) 日本産倍脚類の分布記録(IV). 追手門学院大学文学部紀要, 30, 179-197.

    返信削除