クリックで分類群を選択

2019年4月15日月曜日

ヒガシオビヤスデ Epanerchodus orientalis Attems, 1901

My図鑑/ 節足動物門 Phylum Arthropoda/ 多足亜門 Subphylum Myriapoda/

2018年11月17日 茨城県久慈郡大子町

2018年05月26日 山梨県北都留郡

雄生殖肢(左)

生殖肢や体形に地理的変異が見られる。体形の地理的変異は非常に大きく、別種だと思っても本種であることがよくあります。反対に本種だと思っても別種のこともあります。そのため、雄の生殖肢(生殖のために特殊化した付属肢。詳しくはこちら)を見なければ同定できません。北海道、本州、四国に分布、九州には分布していません。

生殖肢の形状:脛跗節は程度の差はあるものの途中幅広くなり、その先急に細くなる。脛跗節の毛状突起は先端に数本がまとまり、列生しない。脛跗節の基部から伸びる副枝は先端部が内側へと弯曲する。後腿節突起の小突起はあるものとないものがある。外棘はあるものと無いものがあり、長さも一定ではない。

以下の種に近縁と思われます。
クビオビヤスデ E. tenuis Takakuwa, 1954
イシダオビヤスデ E. ishidai Haga, 1956 (クビオビヤスデのシノニムの可能性あり)
ササオビヤスデ E. sasagaminensis Murakami, 1966
ヘルヘフオビヤスデ E. lobatus Verhoeff, 1941
イボオビヤスデ E. gibbosus Takakuwa, 1954
ユウキオビヤスデ E. koreanus Verhoeff, 1937
ミヨシオビヤスデ E. miyosii Takakuwa, 1954

0 件のコメント:

コメントを投稿