クリックで分類群を選択

2019年3月9日土曜日

コシビロザトウムシ属の1種 Parabeloniscus sp.

My図鑑/ 節足動物門 Phylum Arthropoda/ 鋏角亜門 Subphylum Chelicerata/ ザトウムシ目 Order Opiliones/





2018年03月19日 鹿児島県大島郡|奄美大島


2018年03月19日 鹿児島県奄美市|奄美大島

 オヒキコシビロザトウムシに似ていますが、奄美大島の個体群はまだ分類学的扱いがはっきりしないようです。コシビロザトウムシ属は同種でも有眼、無眼のものなど、場所により形態が異なり、洞窟内のほか、林床の石下、モグラの坑道内などから見つかっています。日本産コシビロザトウムシは以下の種類が知られています。


日本産コシビロザトウムシ属


コシビロザトウムシ Parabeloniscus nipponicus Suzuki, 1967
分布:近畿地方南部
オヒキコシビロザトウムシ Parabeloniscus caudatus Suzuki, 1973
分布:沖縄島
クメコシビロザトウムシ Parabeloniscus shimojanai Suzuki, 1971
分布:久米島
コシビロザトウムシ属の1種 Parabeloniscus sp.
分布:屋久島
コシビロザトウムシ属の1種 Parabeloniscus sp.
分布:奄美大島


参考文献


  1. 鶴崎 展巨・鈴木 正將 (2015) ザトウムシ目. In; 青木淳一(編) 『日本産土壌動物 第二版-分類のための図解検索』 121-145. 東海大学出版会, 秦野市. ISBN978-4-486-01945-9
  2. 小松 貴 (2018) 日本の地下空隙に生息する陸生節足動物の多様性. タクサ:日本動物分類学会誌, 44巻, 39-51. online available at:https://doi.org/10.19004/taxa.44.0_39

0 件のコメント:

コメントを投稿