クリックで分類群を選択

2018年1月23日火曜日

ヤマトタマヤスデ Hyleoglomeris japonica Verhoeff, 1936

My図鑑/ 節足動物門 Phylum Arthropoda/ 多足亜門 Subphylum Myriapoda/


2018年11月14日 茨城県つくば市

2016年01月23日 茨城県つくば市


 タマヤスデ目 Glomeridaは国内にタマヤスデ科 Glomeridae タマヤスデ属 Hyleoglomerisの10種が知られています。

 タマヤスデ属は12胴節(頸板 collumー大胸背板 thoracic shieldー通常の背板 normal tergitesー尾節 pygidium)を持ち、雄は19対、雌は17対の歩肢を持ちます。雄では第17・18・19歩肢がそれぞれ副生殖肢、第1端生殖肢、第2端生殖肢 (telopod) となっています。第2胴節背板は大胸背板と呼ばれ、もともとの第2および第3胴節背板が癒合したものです。大胸背板前縁の横溝線には途中で途切れるものと正中線を越え全通するものがあり、それらの本数は第2生殖肢の形態と並びタマヤスデ属の分類において重要視されています。

 なお、俗にメガボールと呼ばれるネッタイタマヤスデ目 Sphaerotheriidaも一見似通った姿をしていますが、13胴節、雄は23対、雌は21対の歩肢を持ち、日本には分布していません。


 国内には以下の10種が知られ、未記載種もいるため同定には注意する必要があります。分布に関しては文献の調査不足なので、参考程度にしてください。


ミクニタマヤスデ Hyleoglomeris insularum Verhoeff, 1936

模式産地:東京都付近
分布:茨城県、千葉県、東京都
体長:雌 7.5 mm. 黒色小型で大胸背板の前縁に黄色の横帯がある。尾節の前縁に淡色の横帯は無い。雄が記載されていないため、分類学上に混乱が生じているが関東平野では普通種。

 ほぼ真っ黒なタマヤスデです。黒いタマヤスデには複数種が混じっているらしく、要注意。



ヤマトタマヤスデ Hyleoglomeris japonica Verhoeff, 1936

模式産地:神奈川県藤沢市江の島
分布:茨城県、千葉県、神奈川県、福井県
体長:6-8 mm. 体幅:2.5-3.5 mm. 体色の地色は黒色。大胸背板ー各胴節には1対の淡色の斑紋がある。やや褐色を帯びることが多い。

 特徴的な斑紋を持ちますが、よく似た未記載種がいるらしく外見での識別は困難です。



シロヘリタマヤスデ Hyleoglomeris lucida Haga, 1956

模式産地:橋立鍾乳洞(埼玉県秩父市上影森)
分布:茨城県、埼玉県、東京都
体長:6-8 mm. 体幅:3.2-4.0 mm. 体色は地色が黒色。大胸背板は前方の縁の部分が多少黄白色。各背板の側面には暗黄色の不定形紋がある。

 原記載には明らかに誤った点がいくつか見られ、記述も簡素なためあまり同定に自信を持つことができていません。



トサタマヤスデ Hyleoglomeris nigra Verhoeff, 1942

模式産地:高知県
分布:高知県
体長:雄 6-6.5 mm. 背板は全体的に黒っぽい。日本産タマヤスデ属既知種で雄端生殖肢の形態が判明している種類のうち、端生殖肢の合着基節の突起が弁片に向かい伸びるのは本種のみ。

 筆者が知る限りでは原記載以降記録がありません。情報お待ちしております。



エリジロタマヤスデ Hyleoglomeris sakamotoensis Takano, 1981

模式産地:熊本県八代市(旧坂本村)
分布:熊本県
体長:約 9.0-10 mm. 体幅 0.47 mm. 大胸背板の前方約3/4は黄白色で後方に楔形の模様がある。

 筆者未見。ネット上に本種らしき画像が散見されます。



フイリタマヤスデ Hyleoglomeris stuxbergi (Attems, 1909)

模式産地:馬返(山梨県富士吉田市上吉田)
分布:茨城県、千葉県、山梨県
体長:7 mm. 体幅 3 mm. 大胸背板の地色は淡黄色で3つの褐色の斑紋がある。日本産タマヤスデ属既知種で雄端生殖肢の形態が判明している種類のうち、端生殖肢合着基節の弁片に切れ込みが入るのは本種のみ。

 局所分布するらしく、いくつか既知産地を探したものの今のところみつけられていません。情報お待ちしております。



カントウタマヤスデ Hyleoglomeris sulcata Verhoeff, 1942

模式産地:神武寺(神奈川県逗子市沼間)
分布:東京都、神奈川県
体長:雌 11 mm(?). 大胸背板の地色は黒色。横溝線のある部分は黄白色。尾節の前方は黄白色。雌のみが記載され雄の端生殖肢の形は未知。

 ヤマトタマヤスデよりも体幅があるようです。ヤマトタマヤスデに混じって少数見られることがあります。



ユキジロタマヤスデ Hyleoglomeris triangularis Haga, 1968

模式産地:岩屋鍾乳洞第1洞(福岡県田川市夏吉)
分布:福岡県
体長:雄 5.0-5.5 mm. 体幅:雄 2.2 mm. 体は淡黄白色または白色。

 国内では唯一の洞窟性のタマヤスデであり、筆者が知る限りでは原記載以降記録がありません。情報お待ちしております。



ウエノタマヤスデ Hyleoglomeris uenoi Miyosi, 1955

模式産地:百合野の穴(山口県美祢市秋芳町別府)
分布:山口県
体長:雄 10 mm. 体幅:雄 4.5 mm. 体はほとんど黒色。大胸背板は前方1/2以上は黄白色。

 筆者未見。ネット上に本種らしき画像が散見されます。



ヤマシナタマヤスデ Hyleoglomeris yamashinai Verhoeff, 1937

模式産地:沖縄島
分布:沖縄島
体長:5.5-6.0 mm. 体幅:2.6-2.8 mm. 大胸背板の前半は淡黄白色。

 筆者未見。ネット上に本種らしき画像が散見されます。



この他、複数の未記載種候補を確認しています。まだまだ、分類学的整理の進んでいないグループと言えます。


参考文献

  1. Attems, C. M. T. Graf von(1909). Die Myriopoden der Vega-Expedition. Arkiv för Zoologi. 5(3): 1-84. Uppsala,Stockholm, Link:https://www.biodiversitylibrary.org/page/6392668#page/1/mode/1up
  2. Golovatch, S. I.; Geoffroy, J.-J.; Mauriès, J.-P. (2006). Review of the millipede genus Hyleoglomeris Verhoeff, 1910 (Diplopoda, Glomerida, Glomeridae), with descriptions of new species from caves in Southeast Asia. Zoosystema, 28(4): 887-915., Link:http://sciencepress.mnhn.fr/en/periodiques/zoosystema/28/4/revision-des-diplopodes-du-genre-hyleoglomeris-verhoeff-1910-diplopoda-glomerida-glomeridae-et-description-de-nouvelles-especes-cavernicoles-d-asie-du-sud-est
  3. 芳賀 昭治 (1968). 日本のヤスデ. 自刊, 1-11.
  4. 石井 清 (2014) 皇居における多足類の生息密度. 国立科学博物館専報, 50: 49-58., Link:https://www.kahaku.go.jp/research/publication/memoir/v50.html
  5. 三好 保徳. (1955). 日本産倍足類及び脣足類の分類学的研究 14. イシムカデの1新種とヤスデの2新種. 動物学雑誌, 64(8): 267-270. 東京. Link:https://ci.nii.ac.jp/naid/110003361662
  6. Murakami, Y. (1975). The cave Myriapods of the Ryukiu Islands (I). Bulletin of the National Science Museum, Series A, 1(2): 85-113., Link:https://ci.nii.ac.jp/naid/40005325205
  7. 杉山 直人・芳賀 和夫 (1989). 筑波山周辺の倍脚類相. 筑波大学菅平高原実験センター研究報告, 10: 39-76., Link:http://hdl.handle.net/2241/10401
  8. 高桑 良興 (1954). 日本産倍足類総説. 日本学術振興会, 1-241. 東京.
  9. 高野 光男 (1981). 日本産多足類の分類学的研究 - II 熊本県でみいだされたタマヤスデ属の1新種. Edaphologia, 24: 35-38., Link:https://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/2010241961
  10. 高島 春雄・芳賀昭治 (1956). 日本産洞窟棲ヤスデの研究. 山階鳥類研究所研究報告, 8: 329-343., Link:https://doi.org/10.3312/jyio1952.1.329
  11. Verhoeff, K. W. (1936). Ueber Diplopoden aus Japan, gesammelt von Herrn Y. Takakuwa. Transactions of the Sapporo Natural History Society, 14(3): 148-172.
  12. Verhoeff, K. W. (1937). Zur Kenntnis ostasiatischer Diplopoden II. Zoologischer Anzeiger, 119(1-2): 33-40. Leipzig.
  13. Verhoeff, K. W. (1942). Ascospermophoren aus Japan und über neue japanische Diplopoden. Zoologischer Anzeiger, 137(11-12): 201-217. Leipzig.

0 件のコメント:

コメントを投稿